看護部紹介

看護の理念

 患者さん中心の
    より良い看護を
        目指します

 

看護の基本方針

  1. 患者さんの人権を尊重し、思いやりを持って対応します
  2. 専門職としての能力を発揮し、根拠に基づいた看護を実践します
  3. 地域のニーズを把握し、継続看護に努めます
  4. 関連部門の機能を理解し、チーム医療を推進します
*一般急性期病棟(入院基本料10:1)、回復期リハビリテーション病棟、療養型病棟、介護療養型医療施設とそれぞれの機能に応じた看護を提供します。
*チーム医療では、緩和ケアチーム、栄養サポートチーム、がんリハビリテーション、心臓リハビリテーションなど、多職種との協働を積極的に行っています。
*教育体制は院内教育プログラムに、院内研修、e-ラーニングによる研修を取り入れ、看護職のスキルアップのために、目標に応じた学習を支援し、シリーズ研修、認定看護師などの資格取得の支援も行っています。
*新人看護師の教育体制はプリセプター制を取り入れていますが、配属部署だけでなく、院内スタッフ全員で支えています。一人ひとりの新人看護師と向き合い、じっくり、ゆっくりサポートしています。
*院内保育所を完備し、診療科に小児科があり、子供さんの急な病気などにも対応できます。子育て支援も充実し、多様な勤務体系で対応しています。
*ワークライフバランスに取り組み、仕事と生活の調和のため、働き続けられる環境を整え看護職としてのやりがいを保つことができるように支援します。

 

看護の様子

page top